> > 商店街物語 > 長住大通り商店街

長住大通り商店街

地域とともに歩む商店街
第3土曜の夜市が人気です

リビング福岡サポーター
権藤知美さん

 団地が建ち並ぶ住宅街の中にある長住大通り商店街は、地域の人々とともに歴史を重ねてきました。サポーターの権藤知美さんと街を歩いてきました。

 商店街では一昨年から、月に一度「ながずみ夜市」が開催されています。

 「有志による団体と商店街が協力し、明るく活気ある街づくりを目指しています。地域のコミュニティーづくりに役立ち、防犯にもつながると思います」と実行委員会の牧祐仁さんと飯盛嘉介さんは話します。


ながずみ夜市実行委員会の 飯盛嘉介さん(左)と牧祐仁さん

 そんな商店街に新たに加わった雑貨店「Lien(リアン)」。「お店を出したい」という夢がかなうレンタルボックスには、アクセサリーなど手作りの品が並びます。


4月にオープンした雑貨店「Lien」。アクセサリーや洋服、バッグなど、多彩な商品が並びます

 ランチスポットとして人気なのが「てんぷらところっけ いわせ」。手作りのからあげや天むすが夜市で評判です。


昼の天ぷら定食や日替わり定食800円が人気の「てんぷらところっけ いわせ」。1個70円のコロッケは持ち帰りできます

 「目をつぶって選んでも大丈夫」と言うくらい品質に細心の注意を払う「宮園フルーツ店」。夜市ではカットフルーツやピーナツのつかみ取りが子どもたちに人気。


家族で営む「宮園フルーツ店」には旬のフルーツがいっぱい。雨の日にはうれしい特売も!

 「カフェ スティーマーズ」では、アイスクリームにほろ苦いエスプレッソを注いだアフォガードを。夜市では爽やかなカクテルを販売します。


「カフェ スティーマーズ」に併設するスタジオでは、フラメンコやヨガなどの教室も開催

 「バンフの森」は、ここ長住が本店です。「子どもたちがお小遣いで買えるように」と、夜市ではクッキーやゼリーなどを季節に合わせて手ごろな価格で揃えます。


オーナーシェフの池田勝さんが和菓子職人だった祖父への思いを込めて作ったバンフの森の新商品「鶴満月」(130円・税別)

 「ランチや買い物をして帰るのにぴったり。家族で夜市に来たいです」と権藤さんも気に入ったようです。

「ながずみ夜市」
開催日時:4~6月、8~10月の第3土曜
時間:18:00~21:00(雨天中止)
会場:長住中央公園・長住大通り商店街
※「ながずみ夜市」でHP検索を。
facebookでも最新情報を発信

商店街Data

 長住大通りを中心とした商店街。7月の「長住まつり」には通りが歩行者天国に。大分県の玖珠(くす)町との交流から生まれたイベントや夜市など、地域が一体となって盛り上がります。

長住大通り商店街

TEL 092-511-2255(昭和ハウス)
福岡市南区長住4-2-30
長住大通り商店街会長・飯盛利明さん
リビング福岡サポーターさんの取材日記

リビング福岡の編集ブログに、サポーターさんの取材日記もアップ。
ぜひチェックしてね!

▼取材日記はこちらから
http://blog.livingfk.com/fuku/2015/05/14/syoutenga02/

リビング福岡2015年5月16日号掲載 ※この情報は掲載時点のものです