> > 商店街物語 > 箱崎商店街(大学通り、きんしゃい通り)

箱崎商店街(大学通り、きんしゃい通り)

筥崎宮に温かく見守られる商店街
みんなの笑顔があふれています

リビング福岡サポーター
上村枝里さん

地域ごとにさまざまな魅力を持つ商店街に注目する新コーナー。1回目はサポーターの上村枝里さんと、新しい風も吹く箱崎商店街を巡ってきました!

 JR箱崎駅から5分ほど歩いた場所に位置する「箱崎商店街・大学通り」。昔ながらの商店街では、「もっと箱崎を盛り上げよう」と街が一帯になる楽しいイベントが企画され、新しい風が吹いています。今回は、4月19日(日)に開催される「第6回縁市ハコぽっぽ」に参加する店を巡りました。

 「こじま鮮魚店」の店先では縁市当日、するめイカを使ったタレが香ばしい「イカぽっぽ焼」を約130本販売予定。


「今日のおすすめは、どれですか?」
「こじま鮮魚店」では会話も弾みます!

 また、歩行者天国になるきんしゃい通り会場では、プリプリのもつが自慢の「池尻商店」のもつ鍋や、障がい福祉サービス事業の就労支援を行う「ひだまりのぷりんcafe」のプリンが販売されます。


新鮮なホルモンの評判を聞きつけて買いに来る人や、地方発送も多い「池尻商店」
素材厳選、優しい味わいの 「ひだまりのぷりん」(230円)

カフェレストラン「Aglio Olio(アーリオオーリオ)」は子ども連れの主婦など幅広い世代が訪れます

 みんなが楽しみにしているイベントのことなどを聞きながら、店主たちとの会話が弾む上村さん。創業80年、改装後も懐かしさを感じる店構えにしたという「戸部田はきもの店」は、縁市でスリッパを販売。筥崎宮で行われている骨董市の日には、きもの姿の女性が立ち寄り、交流の場になっているそう。


台と鼻緒を選ぶオーダー下駄(3800円から)や下駄やぞうりの修理ができる「戸部田はきもの店」

 また、「NPO法人 きんしゃい」は縁市では、コーヒーやぜんざいを販売し、介護相談やタオル体操は無料。「新しいものに取り組むパワーを感じ、暮らしに寄り添う箱崎商店街が好きになりました」と笑顔の上村さんでした。


「NPO法人 きんしゃい」はデイサービスや近所の高齢者の交流サロン。登山などの多彩なイベントも開催

第6回 はこざきマルシェ
「縁市ハコぽっぽ」

日時:2015年4月19日(日) 11:00~15:00 
※小雨決行
きんしゃい通りや箱崎商店街の店先を会場に、青空市場を開催。ぽっぽ券(10枚で前売900円、当日1000円)を購入して、休日の昼下がりに町を楽しく散策しましょう!
http://hakoshoren.org/hakopoppo

商店街Data

 筥崎宮を中心とし、歴史と伝統が息づく箱崎商店街。街一帯を会場にした「縁市ハコぽっぽ」や、放生会に合わせて9月に開催される「ハコフェス」などのイベントも行われ、地域と一体となった明るく楽しい街づくりが進められています。

箱崎商店連合会

TEL 092-632-6707(銘菓堂)
福岡市東区箱崎1-43-17
箱崎商店連合会・会長佐々木和男さん
リビング福岡サポーターさんの取材日記

リビング福岡の編集ブログに、サポーターさんの取材日記もアップ。
ぜひチェックしてね!

▼取材日記はこちらから
http://blog.livingfk.com/fuku/2015/04/16/syoutenga01/

リビング福岡2015年4月18日号掲載 ※この情報は掲載時点のものです