> > エリア情報 > おおのじょう新聞

おおのじょう新聞

かめライダー、増殖中!

  • かめライダーに会える! ケーキバイキング
  • ■日時:12/6、7、13、14 午後1時~同3時
  • ■参加費:無料 ※ケーキはなくなり次第終了
  • ■会場:南福岡自動車学校(大野城市下大利3-2-20)※JR水城駅から徒歩約1分
  • ■問い合わせ:フリーダイヤル 0120-201-373

 背中に甲羅、カメ型ヘルメット、白のゴム長靴にゴム手袋。大野城市内の通学路や小中学校などで交通安全指導を行う「かめライダー」。

 最初は緑だけだったのに最近増えた…と聞いて会いに行くと、現れたのは5人のライダーたち。「急増するオファーに応え、仲間が増えました。これでもっとみんなに会いに行けます」と、かめライダー・緑。年末の交通安全運動など、街のどこかで会えるかも。

ほんとは社長?

 冬は帰省など移動が多い季節なので、かめライダーが「交通事故を7割減らすたった2つの習慣」を伝授。

  • (1)車間時間は4秒
  • (2)一時停止は2回止まる
 

(1)は電柱などを目印に前の車との間隔を4秒数え、(2)は停止線の手前で1回、見通しの良いところでもう1回停止するのがコツです。

どこかシュールな職人技三浦鏝絵美術館

 43年前、左官職人の三浦辰彦さんが念願のマイホームに鏝絵(こてえ)を描いたのが始まりで、「家に描いたら誰か注文するかと思ったけど、全然ないねえ(笑)」と三浦さん。

 色粉を混ぜたしっくいで立体的に絵を描く鏝絵。展示作品は、幅1mを超す大作からアニメキャラを模したシュールなものまで膨大です。あまり似ていない(失礼!)キャラ物にくすっと笑い、ひたむきな職人魂に心を打たれる…温厚でユーモアたっぷり、三浦さんの人柄そのものの美術館です。

三浦さん

大野城鶏ぼっかけ隊

 「大野城鶏ぼっかけ」は、ぶつ切りの鶏を水から煮込み、酒と甘口醤油で味付けしたスープをごはんにかけたもので、宴会などの締めや、農繁期に手軽に食べる料理として親しまれてきたもの。

 この料理を広めるために集まった有志「大野城鶏ぼっかけ隊」の皆さんは「10年、20年先、“大野城のふるさとの味と言えば、大野城鶏ぼっかけやね!”と言われるように頑張ってます」と話します。祭りなどイベント時の他、大野城市内の飲食店でも食べられます。詳しくは下記で。

大野城鶏ぼっかけに関する問い合わせは、大野城市商工会(TEL 092-581-3412)へ。大野城市内で食べられる店舗情報は、フェイスブックで公開中。 https://www.facebook.com/Bokkaketai

大野城市DATA

  • 人口
  • 男47,744人 女51,285人
  • 計99,029人
  • 世帯数41,625世帯
  • (平成26年10月末現在)
  • 市の花 キキョウ
  • 市の木 クロガネモチ
  • 市章 全体を「大」の字で表し、中心の三角形が「躍進」、両側の三角形が「協調」を表現

編集後記

たくさんの「大野城愛」が感じられた今回の取材。知れば知るほど奥深い…大野城には私の知らない顔が、まだまだいっぱいありました。かめライダーは「幸あれ!」が口癖らしいので、読者の皆さんにも「幸あれ!」。次回は粕屋町の予定です。

リビング福岡2014年12月6日号掲載 ※この情報は掲載時点のものです