> > エリア情報 > しんぐう新聞

なかがわ新聞

プリプリ食感! 「ぼたコロ」

【ぼたコロ提供店】
  • ■「コーヒーハウス タイム」
  • 新宮町美咲2-6-3-1F
  • TEL 092-963-0896
  • ■「ピッコロ」
  • 新宮町美咲3-1-1
  • 新宮プラザ1F
  • TEL 092-963-2550

 商工会による「新宮地元グルメプロジェクト」で、新宮にしかない物を作りたいと、相島(あいのしま)で捕れるサワラを、子どもから年配の人まで好まれるコロッケにした「ぼたコロ」が生まれました。

 「ぼた」とは、魚のすり身のこと。玄界灘に浮かぶ相島では、昔から魚のすり身のことを「ぼた」と呼んでいます。サワラ100%のぜいたくなすり身に、野菜ペーストを混ぜ、プリプリほくっとした食感。すり身は冷凍できないため、平川里香さんらが相島に渡って、すべて手作りしています。もちろん、無添加。

 相島がハートの形をしていることと、島の名の“あい”と“愛”をかけてハート形に。町内最大の祭り「まつり新宮」で200円で販売。揚げたてアツアツが食べられますよ。

「トンカチ館」で遭遇した厳しく優しい仙人の正体

 雑草あり、虫あり、鹿に葉を食べられるのも、台風で枝が折れるのも、すべてOK!

 「これが自然の摂理ですよ。ミカンも木の実の1つと感じて食べてほしいですね」と立花山にほど近い「たい験農場 みかみ農園」の三上正英さん。20年以上、農薬を使わず、自然のままに育てられたミカンは、「懐かしくて、ミカン本来の味がする」と言われるそう。  なんと、バーベキューや五右衛門風呂まで楽しめます。

三上さん

  • 「たい験農場 みかみ農園」
  • ■開園日時 2014年11月1日(土)~12月下旬、 10:00~16:00
  • ■入園料 無料
  • ■ミカン持ち帰り 1㎏200円
  • ■事務所住所 新宮町大字的野449 ※農園までの地図は事務所前にあり
  • TEL 092-962-1644 ※ミカン狩り以外は要予約

新渡船「しんぐう」運航!

 10月から始まった「新宮劇場」。と言っても劇を見るのではなく、新宮町を劇場に見立てて展開する体験型イベントのこと。豊かな緑と美しい海に恵まれた新宮町を、さまざまなイベントを通して町内外の人にもっと知ってほしいとスタート。

 オモシロ住民に案内してもらえるなど、貴重な体験ができますよ。詳しいイベント内容は、HP「新宮navi」で検索してください。

 また、10月から新渡船「しんぐう」が運行。相島まで17分のプチ船旅を楽しみましょう。

三上さん

那珂川町DATA

  • 人口
  • 男14,364人 女15,139人
  • 計29,503人
  • 世帯数11,263世帯
  • (平成26年9月末現在)
  • 町の花 ミカンの花
  • 町の木 クスノキ、マツ
  • 町の鳥 メジロ
  • 町章 新宮の頭文字「シ」を図案化したもの。2つの丸は特産の立花ミカンを表し、大きな円は玄界灘の跳ねる魚を形どっています。

編集後記

海あり、山あり、歴史あり。おいしいものもいっぱいで、自由気ままにゆ~っくり楽しんでみたくなる、そんな町でした。早く「ぼたコロ」がスーパーで買えるようになりますように! そしたら夕食のおかずにするのだ。次回は大野城市の予定です。

リビング福岡2014年11月1日号掲載 ※この情報は掲載時点のものです