> > エリア情報 > なかがわ新聞

なかがわ新聞

誰?「トルティーヤボーイ」 「なかがわタコス」のPRに奔走するメキシカンなナイスガイ

 西鉄バス那珂川営業所前で出迎えてくれた「トルティーヤボーイ」こと勝亦(かつまた)真宏さん。 カラフルなメキシカンハットに顔面ペイント…もとい、立派なもみあげ&ヒゲなど、遠くからでも一目で分かる強烈なインパクト。 バスを降りてきた女性に続けざまに道を聞かれ、にこやかに答える姿はなかなかの好印象です。  トルティーヤボーイは、「なかがわタコス」の自称・PRキャラクター。

 なかがわタコスとは、平成24年、那珂川町をもっと元気にしようという那珂川町商工会の特産品プロジェクトから生まれた新名物。 「具材に那珂川町産の食材を1品以上使う」というルールで、那珂川町を愛する町内外16店舗が個性豊かなタコスを販売しています (参加店、出店情報などは那珂川町商工会HPやフェイスブックで)。

 イベント出店で歌ったり、テレビ・ラジオ出演と大活躍の勝亦さん。 「できるだけ外に出てPRしたい。いつか本場・メキシコに逆輸入してもらうのが目標です」

日祝日午後しか開かぬ「不思議博物館」

巨大くまむしアイスケーキ

 巨大クマムシ、羽の生えた猫“トネリコ”、古代両生類のディプロカウルス… 怪しいオブジェが並ぶ「不思議博物館」は、モニュメントやキャラクターなどの造形作家・角孝政さんが長年想い描き続けてきた“妄想博物館”。

 「訪れた人がちゃちゃを入れられる、隙のある展示をしています。」 日祝日の午後のみの開館。造形、怪獣、不思議の国のアリス、メイドカフェ、サブカルチャー、廃墟… 幅広い層のファンを受け入れられる懐の深い場所でした。

サービス心旺盛な館長・角孝政さん

  • メニュー:日替わりセット(ドリンク付き)850円、巨大くまむしアイスケーキ(写真左上、1日1個、ドリンク2杯付き)1700円ほか
  • (営)日・祝日の12:00 ~18:00(要確認)
  • 那珂川町西畑1466-2
  • TEL 090-4989-8783(館長直通)
  • http://www.asahi-net.or.jp/~bu9t-sm/

那珂川町出身!演歌歌手・那珂川仁美さん

 福岡を拠点に活躍する演歌歌手、那珂川仁美さんは那珂川町出身。 幼少時から父親の影響で演歌に親しみ、中ノ島公園や山でよく遊んでいたそうです。 「那珂川の一番の魅力はきれいな緑と水、空気。

 八代亜紀さんや水前寺清子さんなど、出身地に関する芸名に憧れていました。 出身地から“流し”の活動をしている中洲に流れ、地元の人に愛されている那珂川の名前を、いろんな所で知ってもらえればいいな」。

  • ミニアルバム「結(ゆい)」(2000円)発売中
  • 「冷泉荘ライブ」…2014年4月25日(金)19:00から、リノベーションミュージアム冷泉荘B棟1F多目的スペース(福岡市博多区上川端町9-35)で開催。入場料1000円
  • ブログ「ひとよひとよに仁美ごろ」 http://ameblo.jp/nakagawahitomi/

那珂川町DATA

  • 人口
  • 男24,319人 女25,664人 
  • 計49,983人
  • 世帯数19,562世帯
  • (平成26年3月31日現在)
  • 町の花 筑紫シャクナゲ
  • 町の木 ヤマモモ
  • 町の鳥 カワセミ
  • 町章 町の中央を流れる那珂川の「ナ」をもりこんで、「緑の水の町」をあらわしています

編集後記

このコーナーでは月1回、リビング福岡配布エリアの市町にスポットをあてていきます。 自然も豊かなら人の個性も豊か。那珂川町だけで12カ月分作れそうなのですが…。次回は糸島市です。お楽しみに。

リビング福岡2014年4月12日号掲載 ※この情報は掲載時点のものです