> > ぷらり旅 > 直方周辺

【リビング福岡 2009.5.30 掲載】※情報は掲載日時点のものです

アジサイや菖蒲が艶めく季節【大内花庭園】

ツバキ、ボタン、菖蒲、もみじと、四季折々の美しい風景が見られる庭園があると聞きつけて訪れたのがここ。実は個人のお庭なんです。「美しい花を多くの人に見てほしい」と主が花の見頃に合わせて一般に開放してくれています。
3000坪の敷地には築山の庭や、京をイメージした日本庭園など、奥ゆかしい日本の美と静寂を楽しめ、心に響く贅沢な時間を過ごすことができるスポット。和の心に触れながら、一服のお茶(有料)を楽しみませんか。 これからの時期にぜひとも見てほしいのが、150種類1万5000株の花菖蒲と70種類のアジサイ! 特に、大輪の花を咲かせる菖蒲は見る人を驚かせるほど。金屏風を背景にお座敷に飾られるその姿は圧巻ですよ。
「大内花庭園」
TEL:0949(26)2400
直方市頓野1031の4
(営)午前9時~午後5時

黄金色に輝く懐かしいクリーム【ジャーマンベーカリー】

JR直方駅前の商店街をてくてく。目に飛び込んできたのは“SINCE1932 シュークリーム”の文字。1932年ということは、昭和7年創業!?これは行かなくちゃ、いや食べなくちゃ! 戦時中は店を閉めていたものの、この地で77年続くシュークリームとエクレアの専門店。シュークリームは食べやすいように当時と変わらないままのカタチ。しっとりとした皮の中から黄金色に輝くカスタードクリームがたっぷり。懐かしい味わいに気付けばぺろりです。 クラシカルな雰囲気の店内では、コーヒーセット(629円)が楽しめます。シュークリームは157円。エクレアは168円。テイクアウトOK。数量限定、まとめ買いする人が多いので、電話で確認を。
「ジャーマンベーカリー」
TEL:0949(22)1106
直方市古町16の1(駅前アーケード通り)
(営)午前9時~午後5時
(売り切れ次第閉店)、月曜休み

笑顔を引き出すスローな時間【わびすけ新寮】

福地山のふもとの古民家が目印。目の前に広がるのどかな田園風景、鳥のさえずり…穏やかな気持ちになれるそんな場所にあるのが、遠方から多くの女性ファンが訪れる評判の食事処です。 天井が高く、どっしりとした梁(はり)に土壁、居心地の良い落ち着いた雰囲気。ここで味わえるのは季節感を大切にした和食。山の恵みたっぷり、地元食材を中心にしたメニューは料理の参考にもなりそう。人気は「ひる膳」(1500円)。少しずついろいろな種類が楽しめる前菜からデザートまでの全7品。季節の前菜を除く、すべてのメニューが細かく選べるのが魅力です。 ほかに、山の景色を一望するお座敷席で味わえる「季節の会席コース」もおすすめです(3500円から、前々日までの要予約)。
「わびすけ新寮」
TEL:0949(26)3750
直方市上頓野442の1
(営)正午~午後2時30分(会席については正午~午後10時利用可)、月曜休み