> > ぷらり旅 > 前原周辺

【リビング福岡 2009.6.27 掲載】※情報は掲載日時点のものです

木工、ガラス、陶芸・・・作家に会える村【ギャラリー樹創庵】

静かな田園風景の中を進み、細い山道を登ると見えてくる白い平屋の建物。もともと鶏舎だった建物を作業スペースとして貸し出している、通称「芸術村」です。「ギャラリー樹創庵」は、この芸術村に工房を持つ作家らが「お客さんを迎える場所を」と開いたギャラリー。木工、ガラス、陶芸の5人の作品が並びます。
木それぞれの色や風合いを生かし、組み合わせることで模様を作り出した器や、ヒビの入り方で模様が変化するガラスの器…。一点一点、異なる作品の魅力に夢中! 作家たちと直接触れ合えるので、ものづくりへの“思い”も感じられますね。 オーダーや、希望すれば作業場の見学も可能。あなたのお気に入りを見つけに出かけませんか。
「ギャラリー樹創庵」
TEL:092(323)5606
前原市本913
(営)午前10時~午後5時、不定休

100年余の歴史に思いを馳せて…【前原古材の森】

福岡から唐津へ抜ける唐津街道、前原宿。その街並みの中に、「前原古材の森」はありました。白壁のどっしりとしたたたずまい。中に入ると、漆塗りの回廊が、迎えてくれます。 ここは1901年建築。商家として栄えた西原家(屋号・綿屋)の幕末ごろの分家で、主に呉服業を営む「出店」だった建物です。 4年前、取り壊し寸前だったところを、この店の経営者が借り受けて再生。今は、地元の食材をたっぷり使った手作りのランチやデザートが味わえるスポットに。糸島ランチセット(1100円)は、20代~80代の幅広い年代の人に愛されています。琵琶の演奏会や落語会なども開かれ、地域文化発信の拠点としても活用されるこの空間。ここで過ごす時間は、100年余の時の流れに思いを馳せられる贅沢なひとときです。
「前原古材の森」
TEL:092(321)4717
前原市前原中央3の18の15
(営)午前11時~午後5時、ランチは午前11時30分~午後2時30分、水曜休み

新鮮な野菜、果物、魚、食材探しはここ 【曲り田の里】

野菜や果物、魚介類が安い、と聞いて行ってみたのが「曲り田の里」。鮮やかなオレンジ色のミカンや、甘い香りの桃などが店先にいっぱい並んでいます。店内にもキュウリ、トマト、ナス、マダイ…と旬の味がずらり。スタッフは「安い、と言って福岡市東区からも買いにきてくれる人がいますよ」と話します。 納入する農家が、それぞれ自分で袋詰めをし、値段を決めているため、市価の半値ほどの場合も! キュウリが曲がっている、などが気にならなければ、旬の味をお得に買うことができそうです。 また、女性に大人気なのが「コーヒー大福」(5個入り470円)。もちもちの皮に包まれた、ほろ苦いコーヒー味のあんと、生クリームのハーモニーは絶妙です。お茶やコーヒーのおとも、お土産などにどうぞ。
「曲り田の里」
TEL:092(325)2349
二丈町石崎337の1
(営)午前8時~午後6時30分