> > ぷらり旅 > 篠栗

【リビング福岡 2009.8.22 掲載】※情報は掲載日時点のものです

隠れた観光スポット"ねぼとけさん"に出合う【南蔵院】

昔ながらの風情漂う木造の小さな駅「JR城戸南蔵院前駅」。駅舎を出ると、セミの声と草木の香り、清流のせせらぎがやさしく包み込んでくれます。
目の前には、篠栗四国霊場の総本寺、第1番札所「南蔵院」の釈迦涅槃(ねはん)像の頭がチラリ。なつかしいメロディーを奏でる音橋を渡れば、そこは別世界。
境内には、かわいらしいわらべじぞうや七福神トンネル、白装束に杖をついたお遍路さんの姿が。神秘的な雰囲気に、心が洗われます。釈迦涅槃像は、全長41m、高さ11m、重さ約300tとブロンズ製では世界最大。日本ではめずらしい横に寝たお釈迦様で、地元では“篠栗のねぼとけさん”と親しまれています。
秋の紅葉が美しい篠栗耶馬渓、五塔ノ滝もおすすめですよ。
「南蔵院」
TEL:092(947)7195
篠栗町大字篠栗1035
「五塔ノ滝」
TEL:092(947)1111
篠栗町役場 篠栗町大字金出

博多湾を眺めながらゆるりと贅沢なときを【茶房 わらび野】

歴史と伝統が息づく城戸エリアを散策した後は、若杉山の緑の中でのんびりとランチをどうぞ。
巨木が生い茂る若杉山の中腹に、突如出現した近代的な建物。昨年7月にオープンした「茶房わらび野」には、時間の感覚を忘れてしまうほど心地よい空間が広がっています。
ゆったりとしたソファに腰掛けると、目の前には大きなガラス窓越しに福岡の街並みが!博多湾に浮かぶ島々まで見渡せます。四季の移ろいを目と舌で感じながら、贅沢なときを楽しみましょう。
和のエッセンスを取り入れたデザート、料理には、すべて若杉山の天然水を使用。厳選した食材を手間ひまかけて調理したランチは、午前11時~午後7時に味わえますよ。要予約。
8月26日(水)~31日(月)は陶器市を開催。
 ※日没からチャージ300円
「茶房 わらび野」
TEL:092(948)6555/篠栗町若杉20-1
(営)午前10時~午後9時OS(同6時以降は要予約)、不定休(事前に電話を)

いつでも新湯に浸かれる10種類の貸し切り風呂【若杉山麓 若杉の湯】

旅の締めくくりは、「若杉山麓若杉の湯」で。平日は貸し切りの家族湯10種類を、土日・祝日は露天風呂、サウナも楽しめます。
若杉山の天然水を使ったお湯は、温石岩の層を通るため、やわらか。つるつるとした肌触りが好評です。人気の家族湯は、御影石から檜風呂、桶風呂までさまざま。毎回自分で新湯を張るのも、醍醐味の一つですよ。
お風呂上がりには、本格流しそうめん(夏季限定、1人前400円)や、かき氷(夏季限定、200円から)、ブルーベリーのソフトクリーム(250円)をどうぞ。
入浴料=大人800円、子ども(6~12歳)400円
※家族湯を利用する場合、1室につき500円追加(2人以上での利用に限る、平日60分間)
「若杉山麓 若杉の湯」
TEL:092(957)4126/篠栗町若杉679
(営)午前10時~午後11時、木曜休み