> > 学校から学ぶ子育て術 > 結論をはっきり話させよう
 
 
 
 

学級会や代表委員会など、話し合いの場面も学校にはたくさんあります。  活発に手を挙げて発言はするのですが、どうもすっきりしない内容の子どもが目につきます。その子たちに共通することは、「○○について・・・だと考えます」「△△は・・・になると考えています」といった意見が多いのです。  何が足りないのでしょう。  そのような意見が続いた時に、次のように私は言います。「結論を言いなさい。『だから』何なのですか?」
子どもたちはハッとした顔になり、「・・・だと考えます。だからA案には反対です」「B案に賛成です。理由は・・・」と言い直します。それによって話し合いはかみ合い深まっていきます。
話し合いの最後に、「結論をはっきりと言いなさい。少し勇気がいるかもしれません。だからといって、モゴモゴ、ダラダラ話していてもダメです。結論は1番大事なキーワードです」と話すと、子どもたちは安心した顔になります。
菊池省三さん
「授業成立プロジェクト九州青年塾」塾長。平成16年「第1回北九州すぐれた教育実践教員」表彰。著書「どの子も発言ができる授業づくり」(編者、学事出版)ほか