> > 高橋伸子さんの家計簿クリニック > マイホーム > マンションを購入、頭金を減らし貯蓄を残すべき?
Qマンションを購入、頭金を減らし貯蓄を残すべき?
今期より、夫の給料が10万円弱アップしました。それまでは月に2~3万円赤字の状態で、私が一昨年まで働いていた時の貯蓄を切り崩してきました。給料が増えた分は貯蓄に回しています。車は会社の経費で購入・使用しています。夫は将来、家業を継ぐ予定ですが、まだ先になりそうです。
今年の秋に4000万円のマンションを購入予定です。住宅ローンは、固定金利の35年で月約15万円(管理費等・駐車場込)の支払い予定。今の生活はぜいたくすぎると分かっていますが、どのように切り詰めていっていいのか分かりません。
私は将来働くとしても、子どもが小学校に上がるまでは専業主婦でいるつもりです。子どものためには、児童手当には手を付けず、私の生命保険を学資保険代わりにと考えていますが、それ以上は今のところ余裕がありません。夫の保険は、実家で管理してもらっています。  マンションの購入は予定より1000万円も予算オーバーですが、地価や校区、治安、利便性等考慮した結果、無理にでも購入を決めました。定期預金の半分を初期費用に充てようと考えていますが、頭金を減らして、手元に残しておくべきでしょうか。
A 住宅購入の初期費用は予算を立てて検討を家計の引き締めが必要、年間ベースで支出を管理しましょう
増収はうれしいですよね。Aさんは、普通預金での積立をこれまでの2倍の10万円にし、被服費予算も3倍にしたとのこと。その上で、月1~2万円の黒字が出る家計になっています。  秋にマイホームを購入する予定も予算を1000万円アップ! これも、月15万円のローンを返せる見通しが立ったからでしょう。  持家マンションに払うお金は、現在の家賃と駐車場代8万4500円に、6万5500円をプラス。それだけなら、毎月の貯蓄を増収前の5万円として、毎月の収支はほぼトントンの見込みです。
でも、実際には、家が広くなった分、水道光熱費も増加しそうですし、固定資産税もかかります。気を引き締め、家計も引き締める必要があります。  具体的には、レジャー費、被服費、交際費、雑費に使っている合計5万円の支出を少しでも減らすことに取り組むべきです。3割カット、などの目標を立てましょう。  たとえば、被服費とレジャー費は、それぞれ年12万円の予算とするなど、年間ベースで支出管理することをおすすめします。
給料から毎月1万円ずつプールして、今年は夫のスーツと自分のコートと靴を買う、など年間計画を立てて使うのがポイント。そのほうが、レジャーも充実するはずです。  住宅購入の初期費用に関しては、(1)税金や各種手数料、(2)引っ越し費用、の予算を立ててください。その上で、いくらの頭金なら、ローン返済がどのくらい軽減されるかを試算して、使途内訳を決めましょう。  家具やインテリア代も、予算を立てて使いすぎ防止に努めてくださいね。

【リビング福岡2013年08月24日号掲載】