> > 高橋伸子さんの家計簿クリニック > 総合 > 車の買い替え、マイホームのための貯蓄をするには
Q車の買い替え、マイホームのための貯蓄をするには
3月からパートで働き始めたばかりです。収入は8万円弱の予定。子どもの保育料で約4万円の出費になります。 できれば2人目も予定しているので、まずは貯蓄を増やし、3年以内には車の買い替えを希望しています(予算は約300万円で現金購入)。
社宅なので家賃は抑えられていますが、3年ごとに転勤があります。そのため、まだ10年くらい先になるかと思いますが、予算約2700万円で新築マンションの購入を希望しています。そのマイホーム購入の頭金として約1000万円は確保したいところです。
子どもがもう少し大きくなったら、保持している資格でフルタイムで仕事復帰し、月々20万円・ボーナス2回で80万円くらいの収入は得られると思います。  少しずつでも貯蓄をしたいと思っているのですが、現在は全て郵便局だけに預けている状態です。  その他、どこにどの時期に預けたらよいのか、また、家計ではどこを削ればよいのか、アドバイスいただけるとうれしいです。よろしくお願いいたします。
A 給与天引きの財形貯蓄が利用できるか調べましょう今後の貯蓄は夫婦の収入割合に応じて、名義にも気をつけるべきです
まず、現在の貯蓄状況をチェックしてみましょう。月極めで貯めているのは、貯蓄型の生命保険や年金だけのようです。  でも、貯蓄残高をみると、保険・年金資産は80万円弱で、預金類が470万円強も…。給料やボーナスの黒字分もしっかり貯蓄に回しているのでしょう。
そうした黒字分を加えると、年間貯蓄額は年収の3割超に達します。社宅で家賃が安いこともありますが、見事な貯蓄率です。  削るべき支出はほとんど見当たりませんが、携帯電話代や医療費がもっと下がるといいですね。数年後にフルタイムで職場復帰する計画がうまくいくといいでしょう。
当面の貯蓄目的はマイカーとマイホームのようです。すでに500万円を超える貯蓄があるので、300万円の新車をキャッシュで購入する計画は容易に達成できます。  これから本腰を入れる必要があるのは、マイホーム資金づくり。転勤族なので、お子さんが中学に入る時期に夫の単身赴任を視野に入れ、マイホームを購入するつもりなのかもしれませんね。
問題は購入時の自己資金目標額の1000万円をどう貯めるか―。浪費癖はなさそうなので、低金利時代は今のまま郵便局で貯めても支障はないと思われます。  ただ、確実に貯めたいなら、給与天引きの財形貯蓄を利用するといいでしょう。社宅があるような会社であれば財形貯蓄が利用できる可能性があります。勤務先で詳細を調べましょう。  また、今後の貯蓄は夫婦の収入割合に応じて、名義にも気をつけるべき。マイホームは資金拠出割合に応じて、登記してください。

【リビング福岡2013年04月13日号掲載】