> > 高橋伸子さんの家計簿クリニック > 総合 > 家計が不安…子どものための貯蓄は大丈夫?
Q家計が不安…子どものための貯蓄は大丈夫?
結婚2年目、1歳の子どもがいる専業主婦です。子どもも、どんどん活動的になってきたので、今まで住んでいたアパートでは、なかなか自由に遊ばせてあげられなく なってきました。  そこで、私の両親が所有する賃貸物件をリフォームしてもらい、先日引っ越しました。家賃は、今まで住んでいたアパートと同額を両親に払っています。
夫としては、早くマイホームを購入したいようですが、収入が毎月(月の残業によって)変動する(収入の項目には平均的な金額を表記)ので、私としては、家計が不 安でマイホームどころでは…というのが本音です。  子どもの貯蓄も、児童手当をそのまま貯めているだけで、夫の給料からは子どもの貯蓄をできていないので、とても不安です。
できれば、夫の夢もかなえたいので、私も働こうと思っているのですが、なかなか仕事が見つかりません。  今の家計で大丈夫なのか、どこを節約できるのか、わからないことばかりです。何か良い得策がありましたら、よきアドバイスをよろしくお願いいたします。
A 節約に特効薬はありません! 家計簿をつけ改善を黒字分も消費に回っているようです、使徒不明金を解明しましょう
家計簿を拝見すると、月4万円の貯蓄をした上で、月2万4000円の黒字が出ています。ボーナス収支も24万5000円の黒字です。こうした黒字分を貯蓄に回せば、年間100万円超の貯蓄が達成できます。ところが、「ボーナスは急な出費や年間支出でほとんど消えてしまう」とお便りにあり、びっくりしました。  夫名義の貯蓄残高をみると、35万円。毎月の黒字分も消費に回っているようですね。「家計が不安定」と嘆いてないで、年間50万円以上の使途不明金を解明しましょうよ。
Sさん宅は、妻の両親が住居を安く提供し、夫の両親が300万円もの学資保険の保険料を負担してくれているとか。恵まれた環境にあることに感謝し、家計を見直し、さまざまな夢の実現に向けて頑張りましょう。  得策をご質問ですが、節約に特効薬はありません。子育てに手がかかる時期とはいえ、現在は主婦専業ですから、コツコツ家計簿をつけて、削れるところを自分で見つけるべきです。
1円単位まで記録しなくてもいいですが、今のように1000円単位の把握ではダメ! レシートを保存し、レシートの出ない支出はメモする習慣をつけることが大切です。  いつごろ家が買えるかは、家計の基本データなくして判断できません。早期実現がむずかしい場合は、共働きをするか、通勤用でない車を保有しつづけるかなど、夫婦で話し合ってくださいね。  車を保有しつづけるなら、住宅資金、教育資金とは別に、車の買い替え資金も計画的に蓄えましょう。条件のいい仕事に就きたいなら、それなりのビジネススキルを身につける努力が必要です。

【リビング福岡2013年09月28日号掲載】