> > 高橋伸子さんの家計簿クリニック > ローン > 借金のある夫、家計が落ち着かず将来が不安です
Q借金のある夫、家計が落ち着かず将来が不安です
7歳と5歳の子どもを持つ主婦です。結婚してからずっと、家計が落ち着かなく、将来が不安です。夫は悪い人ではないのですが、家にお金をいれられないほど借金が多く、何にいくら払っているかも教えてくれません。  夫は昨年半年ほど、夜も働きましたが、体調を崩しやめました。また夜も働くつもりでいたようなのですが、今の仕事は朝7時に家を出て、夜9時半から10時過ぎに帰るようなハードな仕事です。
家は私が買いました。若いころ、朝と夜と2つの仕事をしてお金をため、アパートを買いましたが、結婚し子どもが生まれ、離れて暮らす母の体調が悪くなったこともあり、手放して家を買いました。
その後、母が亡くなり、私も働きに出るようになりました。実家を売ったお金で、また中古アパート一棟を購入。まだ安定した収益には至っていないため、家計簿には記載していません。ローンもあるので、少しでも早く返したいと思っています。  私は転職も考えましたが、不安があります。小さな子どももいるのに、これから先、どのように暮らしていけばいいのか分かりません。アドバイスをお願いいたします。
A 借金については専門機関の助けを借りるべきですタバコ代のカットは急務、教育費や学資準備も頑張りすぎないで
とてもお困りだと思います。あなたとしては、夫の借金の金額も理由もわからないわけですから、協力のしようがありませんよね。  借金について何も明かしてくれないのは、自己責任意識が強いからでしょうか。それとも、借金のきっかけがギャンブルであるなど、打ち明ける自信がないからでしょうか。
あなたの個人的な資産で返済を手伝いたい気持ちもおありでしょう。でも、どんな借金の返済かわからないまま、貸すわけにはいかないのは当然です。  現在は、収入の半分以上を借金の返済に充て、その残りを家計に入れる形を容認している様子。過重労働をやめてもらったことで、家に入れる金額が減少し、家計が赤字傾向にあるようです。
詳細はわからないものの、借金は年収を大きく超えているようです。返しても、返しても楽にならないようなので、カウンセリングの専門機関(自治体の相談窓口や生活再生相談室など)の助けを借りるべきです。  夫婦ですもの、パートナーが現在抱えている悩みを共有して、力を合わせて、難局を乗り切りたいですよね。お子さんたちのためにも、全力を尽くしてご主人に上手に働きかけてください。
妻の資産のほとんどが不動産や株式というのは問題。中古アパート経営は、修繕費用、空室や家賃の下落などで、建て替えまでの投資回収はむずかしいものです。見直しも視野に入れて検討を。  なお、タバコ代のカットは急務です。教育費もかけすぎかも。将来の学資準備にも力を入れておられますが、頑張りすぎないで。母親の笑顔に勝る教育はありませんから。

【リビング福岡2013年09月21日号掲載】