> > 暮らしのマナー > 結婚式へのお呼ばれ
今さら誰に聞いたらいいの…? そんな暮らしのマナーにまつわる疑問に答えていくコーナーです。 今回は「結婚式へのお呼ばれ」。分かっているようで意外と迷うマナーについて紹介します ※諸説あります
今回のテーマ 結婚式へのお呼ばれ
最低限のマナーは知っておきましょう!

◆招待状の返信

 招待状が届いた日から1週間をめどにしましょう。人数の確定が早いほど、新郎新婦は式の準備を効率的に進めることができます。  使用する筆記用具は、「毛筆」や「黒インクの万年筆」。なるべくボールペンは避け、筆ペンなどを活用してください。色は「黒」です。

 表面は、宛名の「行」を二重線で消して横に「様」を記入。裏面は、「御」「御芳」を二重線で消し、必要事項を記入しましょう。出席の場合は「慶んで(喜んで)」とひと言添えると、より丁寧です。

◆ご祝儀の相場など

 一般的に割り切れる数字は縁起が悪いのでNG。また、「4」「9」もタブーとされています。式に出席する場合は、「友人=3万円」が目安になっているようです。親族は招待された人数に合わせて3~10万円、夫婦で招待された場合は5~10万円。出席しない場合は、基本その半額くらいとされています。

 当日、ご祝儀袋は袱紗(ふくさ)に包んで持参しましょう。郵送の場合は、ご祝儀袋に入れて現金書留で。送付後に電話などでお祝いの言葉を伝えるとよいでしょう。

◆当日気を付けるべきことは…

 お祝い事の席に遅刻するのは大変失礼なこと! 早めの行動を心がけてください。事故などでどうしても間に合わない時は、準備などで忙しい関係者ではなく、会場(ホテルなど)に連絡を入れましょう。

 女性はストッキングの替えを用意しておくと重宝するかもしれません。また、神前式では手水で清める際にぬれるのでハンカチが必須です。

服装や小物のマナー

 レザー、ファー、アニマル柄など“殺傷”をイメージさせる服装はNG。 女性は、肌の露出が多いドレスや過剰な装飾がついたドレス、カジュアル過ぎる服装は避け、フォーマルにふさわしい素材で、白色以外のドレスを着用してください。オープントウ(足先が出る靴)やブーツもNG。肌色のストッキングを履き、ヒールのあるパンプスで。

 着物の場合は、振袖か訪問着となります。男性は、ブラックフォーマルか準礼装。ネクタイはシルバーか白、黒はNGです。メダリオン(穴飾り付き)のようなカジュアルシューズは避けましょう。

教えてくれたのは…
「フィニッシング・スクール  セルフィン」代表
ビジネスマナー&ソーシャルマナー講師、イメージプランナー
徳永順子さん

リビング北九州2015年9月5日号掲載