> > 葉月Style > vol.7 写真を撮ってもらう時
モデルの葉月さんの美容・ファッション・ライフスタイルなどの楽しみ方を紹介
モデル 葉月(はづき)

オフィスノアール所属。福岡を拠点にモデルの他、セミナー、ウオーキング講師としても活躍中。小学生2人の母。
詳細はブログ=http://ameblo.jp/hazuki-noir/

vol.7 写真を撮ってもらう時

体の向きは斜めに合言葉は“ウイスキー”

写真をきれいに撮ってもらうコツはありますか?

人間の顔は左右対称ではないので、右側、左側、どちらの顔が好きか、鏡でチェックしてみましょう。右目の方が大きかったり、左側の頬がすっきりしていたり、ということもありますよ。体の向きは正面よりも、斜めにした方がほっそりとして見えます。

立った時、座った時の注意点

立つ時は、脚の間に隙間ができないように気を付けて。意識しすぎると不自然になるので、鏡に全身を映し、自分の脚の形に合わせた立ち方を感覚で覚えておきます。自意識過剰ではなく、自分を知っておくのは大事。

 座る時も、基本はカメラに向かって斜めに。肩が内側に入って、背中が丸くなる人が多いので、肩を開くようなイメージで、腰骨を立て背筋を伸ばして座ることを意識してください。膝と膝をきちんとくっつけることも忘れずに。

表情が硬くなりがちです

写真写りはシャッターを切る瞬間に合わせる一発芸のようなもの。私もモデルになったばかりの頃は、鏡を見ながら、笑顔をキープする練習や目を見開く練習をしました。“ウイスキー”など「イ」で終わる言葉を言うと、自然と口角が上がりますよ。グラスに手を添えてみたり、ちょっとポーズをとるだけで、動きのある写真に変わります。デジカメや携帯で写真を撮り合って練習し、お気に入りの1枚を撮りましょう。

リビング福岡2014年10月18日号掲載