> > 葉月Style > vol.4 骨格に合ったファッションとは
モデルの葉月さんの美容・ファッション・ライフスタイルなどの楽しみ方を紹介
モデル 葉月(はづき)

オフィスノアール所属。福岡を拠点にモデルの他、セミナー、ウオーキング講師としても活躍中。小学生2人の母。
詳細はブログ=http://ameblo.jp/hazuki-noir/

vol.4 骨格に合ったファッションとは

「毎日鏡でチェック、なりたい自分をイメージします」

自分に似合うスタイルを知る方法はありますか?

骨格のタイプによって、似合う服は違うんですよ。生まれ持った骨格や筋肉のつき方は、太ってもやせても変わりません。大きく分けると3つのタイプがあります。

 肩に厚みがあり重心が上にある「ストレート」、手足が細くきゃしゃで、重心が下にある「ウエーブ」、鎖骨がしっかり出ていてはっきりした骨格の「ナチュラル」です。

どのタイプか見極めるには?

ジャケットを合わせてチェックすると分かりやすいかも。「ストレート」は首回りがVにあき、シンプルなデザイン。張りのある素材が向いています。「ウエーブ」はノーカラーで短い丈。光沢のあるものや柔らかい素材、ツイードなども似合います。「ナチュラル」は大きめでざっくりとしたデザイン。麻やしわ加工も似合うはず。

タイプ別のファッションは?

「ストレート」タイプは、シンプルでクラシック、高品質なもの。柔らかな素材やきゃしゃなデザインよりも、質感のあるものを。「ウエーブ」の人は、ふわっとしたものや柔らかな素材、レースや透け感のあるもの。短い丈やファストファッションも着こなせます。

 私は「ナチュラル」なのですが、このタイプはカジュアルでエスニックな雰囲気。変わったデザインや長い丈も似合います。好きな服と似合う服が違うこともありえます。思い込みを捨てて、一度、自分のスタイルを見直してみませんか。

リビング福岡2014年7月19日号掲載