> > キッチンdeガーデニング > レッドマスタード

種、培養土、鉢、肥料など
本葉が出始めたころ、弱い葉や病気のもの、混んだところを間引きします。引き抜いてもOKですが、はさみで葉をカットしたほうが根傷みが少なくてすみます
発芽適温は15~25℃。年中種まきできますが、まだ気温が低い今ごろは室内で発芽させるとうまくいきます。随時収穫しながら間引きして育てます。サラダ用の幼葉なら約1~2カ月で収穫可能。肥料も元肥(種まき用土に少し混ぜておく)程度でOK。
※日本では昔から成長したカラシナの葉を漬けものにして食べる習慣がありました。最近は若い葉の辛味をサラダで楽しむ新しい食べ方に人気があります。カラシナの種は粉末にして香辛料として使われ、ペースト状にしたものが練りからし。マスタードもブラックマスタードやホワイトマスタードなどカラシナの仲間が使われています