> > キッチンdeガーデニング > ミズナ

種、培養土、緩効性肥料、液肥 ※苦土石灰
種をまいて約10日目。本葉が出てきました。私はまず、小さな容器に種をまいて、苗がしっかりしたころに畑に定植していますがプランターでも十分育ちます。

酸性の土を中和するため、定植前に畑に1m2当たりひとにぎりの苦土石灰(くどせっかい)を混ぜています。まいた後、数日置かなくてはならない消石灰に比べて、苦土石灰は施肥後すぐ植え付け可能です。

種まきの適期は春と秋。発芽率がよいので種から育てましょう。随時、弱い苗を間引きしながら、薄めの液肥を与えて成長させます。比較的寒さに強く、今からまけば約2カ月で収穫可能です。
最近、サラダに入っているのをよく見かけるようになりました。白い茎の独特のシャキシャキ感が、鍋にもぴったり。煮すぎないのがコツです。