> > キッチンdeガーデニング > ナスタチウム

苗または種、培養土、緩効性肥料、液肥
葉に広がる白い線はハモグリバエ(絵かき虫)の仕業。薬を使いたくないので発見次第ひたすらカット
盛夏は一時株が弱り、花付きが悪くなります。切り戻しをして液肥を与えれば、秋にまた花が楽しめます。
長雨や夏の直射日光に弱いので、天候に応じて涼しい軒下や木陰に移動できるハンギングなどコンテナ栽培が便利。チッソ分の多い肥料を与えすぎると花付きが悪くなります。種から育てる場合は一晩水につけてから直まきします。
※種まきは3~4月または9~10月が適期。ポットに2、3粒まいてその後間引きます
「ベビーリーフのミックスサラダ」。トロピカルな花も食べられます(エディブルフラワー)。ナスタチウムのマスタードのような風味がちょっぴり刺激的。サンドイッチに挟んでもOK