> > キッチンdeガーデニング > スイートバジル

種または苗、培養土、油かすまたは緩効性肥料、液肥
培養土に種をまき、本葉が4、5枚になったら20cm間隔になるように間引きする。移植を嫌うのでできるだけ直まきに。移植する場合は根の周りの土を落とさないように注意
丈が15cm以上になったら、収穫まで3、4回芽先を摘んでワキ芽をどんどん出させ、枝を増やします(摘心)。つぼみが付くと、香りが落ち、新芽も出なくなるので、随時花芽を摘みます
成育がおう盛で乾燥に弱いので、夏場の水切れに注意。培養土の中に元肥として緩効性肥料か油かすを混ぜ、その後は月1回油かすか1週間に1度液肥を与えます。肥料が切れると下葉が落ちます。 日当たりの良い場所で育て、霜が降りるころまで収穫可能。初心者は苗からスタートしてみては?
生の葉は買ったものとはまるで香りの強さが違います。「バジルとトマト、生ハムの冷製パスタ」でフレッシュさを存分に味わって! いっぱい収穫できたら葉を日陰で乾燥させ、瓶で保存