> > 暮らし美人のお宅探訪 > 自分らしくいられる、なごみの空間 西 聡美さん

西 聡美さん(ライフオーガナイザー、アロマテラピーアドバイザー)
http://ameblo.jp/humminglife--8/


(右)和室の壁にはサルの姿が。“なごみグッズ”があちこちに

自分らしくいられる、なごみの空間

ソファーの下やテレビの陰に「隠す収納」で、見えないけれど機能的

元々、雑貨やインテリア好きの西聡美さん。かわいい雑貨が部屋のアクセントになっています。  「きっちりしすぎると緊張感が出てしまう。なごめるグッズを忍ばせて、訪れた人がくすっと笑ってしまうような、完ぺきすぎない楽しい部屋にしています。訪れた人からは、この家の雰囲気自体が私らしいと言われます」
アロマや収納術を学び、今はインテリアコーディネートの勉強中。  「一人一人の性格や考え方に合わせた片付け方法を提案する『ライフオーガナイズ』の考えに出合い、自分に合った片付け方や暮らし方が分かりました」

(左)友人のお店のケーキでティータイム (右)グリーンをちょこっと飾るだけで気持ちがなごみます

窓辺には、かわいい雑貨が見え隠れ。
お気に入りの空間です

ところが、意外にも「私、めんどうくさがりなんです」と西さん。「同じ用途のものを同じ場所にまとめておけば便利だし、使用頻度の高いものを取り出しやすい位置に置けば楽ですよね。機能性とビジュアル、私にとってはどちらも大切なんです」
すぐに掃除できるようにテレビの陰にコードレス掃除機を置いたり、戸棚やクローゼットのスペースをあけておく工夫も。
「収納に“逃げ場”を作っておくと楽ですよ。雑貨が好きで物が多いのですが、大切に使っていて管理できるなら、無理に少なくしなくてもいいと思って。年を重ねるにつれて少しずつ、その時の家族や自分に合った家に変えていければと思います」
植物が好きな西さん。「ベランダで、花やハーブを育て、部屋にもグリーンを飾っています。何も考えず、植物や空を眺めてぼーっとするのが好き。リフレッシュできるんです」