> > 暮らし美人のお宅探訪 > 音楽とアンティークが彩る住まい 鴻江メアリさん

鴻江メアリさん(メアリピアノボーカル教室代表)/中央区
http://www.alles.or.jp/~marypvs/


お気に入りの品々を飾った玄関

音楽とアンティークが彩る住まい

「宝物」というソファーは100年以上前のもの。
好きな器を飾り、季節で取り換えるのも楽しみ

子どものころからピアノを弾きながら歌うことが大好きだったという鴻江(こうのえ)メアリさん。  「音楽好きの両親の勧めで兄と一緒にバイオリンを習い、家族で讃美歌を歌い、メロディーの聞こえる家庭で育ちました。主人はクラッシック音楽が好きで今はオペラ(歌劇)に夢中です。愛犬にもオペラと名づけ、最近はギターのレッスンを受けるのも楽しみなようです」
ピアノが置かれたリビングは、色味を抑えコーディネートしています。  「テーブルコーディネートの先生の影響で、色をあまり使わずに統一。リビングからお庭が見えるのが気に入って、今の住まいを決めました」  旅先で求めたカップやポット、お菓子の缶など、アンティークの器や家具が部屋を彩ります。

(左)集めているアンティークのお菓子の缶   (右)本棚を食器棚としても活用しています

愛犬の名は“オペラ”。
部屋には季節の花を欠かしません

「趣味は模様替え」というメアリさん。「来る度に部屋の様子が変わる」と言われるほど、家具を動かし大掛かりな模様替えを行います。お茶会を開いたり、時にはミニコンサートの会場になることも。
「私が大きな病気をした時には、病院にいる時からピアノの練習をし、教室の生徒さんも元気づけてくれて、克服することができました。音楽のおかげ、主人のおかげです」  人の集まることが多い鴻江家。訪れた人の間に、音楽とともに、あたたかな時間が流れます。

(左)庭を眺めながらお茶を楽しむ時間が大好きです (中)旅先で買い求めたポット
(右)マントルピースがあることで部屋が引き締まります

紅茶が好きで教室に通っているメアリさん。「季節で変わる庭を眺めながら、お茶をするのが大好きです。おいしいものを食べることも楽しみの一つ。お客さまを招いて、夫婦でおもてなしをすることも多いです」