> > 暮らし美人のお宅探訪 > 主婦を収納とインテリアで幸せに! 広瀬順子さん

広瀬順子さん
(ロワジール代表、収納アドバイザー・インテリアスタイリスト)
中央区 ブログ=http://d.hatena.ne.jp/shushu0918/

主婦を収納とインテリアで幸せに!

子ども部屋

収納アドバイザーとしてTVでも活躍中の広瀬順子さん。購入して13年経ったマンションを昨年の10月にリフォームしました。「イメージはパリのアパルトマン。子どもが中学生になり、それまでの子ども部屋をリビングと一体にして空間に広がりを持たせようと考えたら、子どもが明け渡してくれなくて(笑)」
可動式の仕切りを付けた子ども部屋は、ガラスに腰高の壁を付け、シャンデリアの髙さを調整することによって、まるでリビングの中にギャラリーがあるような空間に。

施工は仕事で知り合った「イクスワークス」にお願いしました

「リフォームは工夫。あるものを活用すればコストダウンできるし、ごみも出さずエコロジー」。実際広瀬邸は躯体はいじらずに、壁を塗ったり上から貼ったりと、生活しながら完成しました。  片付け下手という人には「まずは持ち物を全部把握すること。家の中のものが循環しだすと、無駄なものを買わなくなるんですよ」とアドバイス。
「収納で人生が変わったとよく言われますが、家がきれいだとお茶一杯の味も変わるし、街もキラキラと見えるんです。私一人で福岡中の家を見ることはできませんが、今までの傾向でいうとAさんのお部屋を手掛けると、その周囲も刺激を受けて自分にできることを始めるようです。目標は“福岡中の主婦を収納とインテリアで幸せに”ですね!」
昔から靴が大好き。それを“魅せる収納”にして、眺める時間がお気に入り。もちろん、これらの靴は現役。ここから玄関に持って行って履いています。