> > 暮らしの便利帖 > たまねぎ氷

今注目の便利な調理素材
「たまねぎ氷」
福岡在住の料理研究家で管理栄養士・村上祥子さんが考案した「たまねぎ氷」。栄養価も高く、日々の食事に簡単に取り入れられると、今注目を集めてます。

 

安価な上、幅広く料理に使えるタマネギ。イオウ化合物、オリゴ糖、フラボノイド、グルタチオン酸、ケルセチンなどの栄養素を含み、料理にうま味も加えてくれる優れた食材です。  「タマネギなら毎日食べている」という人は多いようです。しかし、コンスタントに一定量食べ続けるのは難しいもの。そこでお勧めなのが、「たまねぎ氷」(右記レシピ参照)です。

◆手軽さ&食べやすさが魅力
使い方は、冷凍庫から出し、調理中にポンと加えるだけ。加熱してあるので溶けやすく、ほかの食材ともよく混ざります。特有の刺激や辛みはほとんどなく、ほのかに甘いやさしい味。タマネギが苦手な人でも大丈夫そう。また、うま味があるので塩分を減らしても、十分おいしく食べられます。
◆保存できてムダがない
冷凍で約2カ月保存可能。凍らせずに冷蔵保存すれば、1週間は品質が変わりません。タマネギが安い時にまとめて作れば経済的ですね。簡単にいろんな料理に使え、おいしさもアップ。栄養価も高いという、便利な調理素材「たまねぎ氷」を活用しませんか。
<たまねぎ氷レシピ>
●材料(製氷皿2~3枚分)
タマネギ…4個(1kg)、水200ml
●作り方
[1]タマネギの皮をむき、上側は切り落とし、底の芯を包丁でくり抜く
[2] ポリ袋に入れ、口は閉じずに耐熱皿にのせ、電子レンジ(600W)で20分加熱する
※ 袋の口を閉じると、破裂するので注意
[3]ポリ袋にたまった汁ごと、ミキサーに移す
[4] 水200mlを加え、とろとろになるまで回す
[5] フタ付き容器に移す  ※冷蔵すれば、1週間保存できる
[6] 残りは冷ましてから製氷皿に流し入れ、フタをして冷凍。凍ったら製氷皿に水をかけて取り出し、ジッパー付きの保存袋などに入れ、冷凍庫で保存する  ※冷凍で約2カ月保存できる
<使い方&食べ方>
●たまねぎ氷のもと(冷蔵保存の分)
・みそ汁に直接加える
・カップ麺やレトルトカレーに加える
・しょうゆをたらし、漬けものに付ける
・小皿にたまねぎ氷のもと大さじ1を入れ、ポン酢しょうゆ小さじ1とユズこしょうを加えて混ぜ、焼肉のタレに(卵かけご飯や納豆ご飯に加えても◎)

●たまねぎ氷
・凍ったたまねぎ氷をそのまま煮汁に加える
・インスタント食品などに加える
・解凍してほかの調味料などと混ぜる
※炒めものに使う場合は、たまねぎ氷50gにつき、電子レンジで1分加熱して解凍。ドリンクなどにして使う場合は、たまねぎ氷50gにつき、電子レンジ弱または解凍キーで1分加熱して半解凍するのがお薦め
取材協力:料理研究家・管理栄養士の村上祥子さん ブログ「料理研究家村上祥子の空飛ぶ食卓 」 http://blogs.yahoo.co.jp/soratobu_s