> > 親子でコミュニケーション術 > 理由を考えさせよう
 
 
 
 

今時の子どもは、「別に」「ビミョー」といった言葉を使い、「考える」ことをしない傾向があります。自分の頭の中に、何を伝えたいのかがハッキリしていないのでしょう。自分の気持ちを見つめさせ、「何が言いたいのか」を見つけさせ、「なぜ、そう思っているのか」という理由を子どもに言わせるべきです。
ある作文の時間に、「先生、書けました」と1番に持ってくる子どもがいました。パッと読んでも、不十分でした。文字が雑、学習した漢字もほとんど使われていない…。
私はその作文を全員に見せながら、「うん。これはよく書けている、合格だ、と思う人?」と聞きました。誰も手を挙げません。子どもたちは、「ここでは手を挙げたらやばいんじゃないか」「誰が立つんだろう」といった顔をして教室を見回していました。
続けて、「頑張っているみたいだけれども、合格とはいえない、と思う人は立ちなさい」と聞きました。どちらかに立たなければいけないわけですから、作文を持ってきた子ども以外の全員が立ちました。
「なるほど。立ったということは、まだ不十分と思うのですね。当然、その理由があるはずですね。理由がなければただの“イジメ”です」。子どもたちの顔に緊張が走りました。そんな子どもたちに、ゆっくりと話しました。「まさか…この中に、“イジメっ子”はいないでしょうね。先生はそう信じています」。
子どもたちは次々と、合格とはいえない理由をアドバイスの形に変えながら自分の言葉で発表し、座っていきました。教室と頭の中がピリッとした時間になりました。
「理由がないのはイジメと同じだ」というのは少し大げさな感じもしますが、「なぜ、そう思うのか」「どうして、そうしたいのか」という理由を考えることは、自分の頭の中を整理して、まとめることにもつながります。
菊池省三先生
愛媛県出身。ユニークなコミュニケーションの授業を実践している、小学校の“スーパー先生”。スピーチ訓練を導入して学級崩壊を解決させたり、教え子がディベート大会県大会2連覇を果たすなど、その実績は全国で注目されている。平成15年度すぐれた教育実践教員表彰、平成16年度福岡県市民教育賞受賞。著書多数。