> > 暮らしの便利帖 > 暑さが通り過ぎても要注意。今年は「秋バテ」に注意!

暑さが通り過ぎても要注意
今年は「秋バテ」に注意!
例年よりも多めに冷たいものを摂取したり、エアコンを利用したり…この猛暑では当然です。しかし、その影響が「秋バテ」として現れる人が増えています。

 

「夏バテ」は、暑さで体力や食欲が低下し、不調が現れる、いわゆる「暑気あたり」。通常は秋口には回復していくものです。  「冷房や冷たい食べ物で身体を冷やしすぎて自律神経のバランスを乱し、秋になっても不調が深刻化する『秋バテ』になる人が、近年増加しています」というのは漢方専門医・渡邉賀子先生。「女性はまじめな性格の方が多く、仕事もプライベートも頑張りすぎてしまいがち。夏の疲れに、頑張りすぎによるストレスが上乗せされ、『秋バテ』を深刻化させることもあります」

◆秋バテの原因とタイプ
「秋バテ」は2つの原因が予想されます。1つは冷たい食べ物・飲み物を摂りすぎた「内臓冷えタイプ」。2つめは冷房の効いた室内で長時間過ごした人の「冷房冷えタイプ」。どちらも暑いはずの夏に身体を冷やしすぎた結果、疲れやだるさ、肩こりなどが表れます。どちらのタイプもいち早く回復させるための2つの対策があります。
◆対策その1「じんわり温める」
疲れやだるさなどには、ぬるめの風呂に入って、全身をしっかり温めることが有効な対策になります。「炭酸入りの入浴剤を活用すると、ぬるめのお湯でも温まりやすくなりますよ」と渡邉先生。  また、身体には、血管や筋肉などが密集し、温めることで血液の順調な循環を促す「温めポイント」がいくつかあります。肩もその一つ。そこで、肩を重点的に温めるのもおすすめです。市販の温熱シートなどを貼るのも手軽ですね。  午前9時と正午と午後3時と…など、時間を決めて1日数回の肩ほぐしタイムを作ってみましょう。肩甲骨を動かそうとイメージして行います。
◆対策その2「心身をリラックス」
リラックスモードの時に優位になる「副交感神経」をしっかりオンにして、ストレスを和らげることも大切。例えばお風呂に好きな香りの入浴剤を入れて楽しむこともいいですし、目と目元を温めることも、緊張を和らげてリラックスに。  生活習慣を見直して、規則正しい睡眠や食事も心がけたいですね。
参考・協力 血めぐり研究会公式サイトhttp://chimeguri.com/(秋バテについての詳しい情報もあり)