> > 再就職はじめの一歩 > 年収いくらを目指すべき?

「年収103万円を超えない方が良い」 ってホントですか?

主婦の年収で「103万円の壁」という言葉があります。それは、(1)所得税の控除額(基礎控除38万円+給与所得控除65万円=103万円)を超えることで所得税が発生する。(2)配偶者控除(38万円)が無くなり、夫の納税額が増えるため。  しかし、103万円を超えても配偶者特別控除が適用されるので、少しのオーバーであれば、あまり気にしなくて大丈夫です

ズバリ、 年収いくらを目指すべき?

年収が130万円を超えると、夫の社会保険の扶養(年金・健康保険)から外れ、自分で払うことになるので「130万円の壁」と言われます。とくに、130万円~150万円未満は、税金と社会保険の負担が大きいゾーンなので要注意。家計の収入をアップするには、160万円以上を目指しましょう。

子供を保育園に預けて働いても、
パート代がほとんど残らないかも…

養育費に目が向きがちですが、老後のためには1円でも多く貯めるべき! 今は手元にお金が残らなくても、キャリアアップの布石として仕事をするのもアリです。福岡市の保育料は世帯収入などで異なりますが、子供を3歳以上で預ける方が、3歳未満で預けるより安くなります。出費を少しでも抑えたい場合は、子供が3歳になってからの入園・再就職を検討してみてください。

会社員の妻がパート収入を得た場合「夫婦が生計を一(いつ)にしている」などの要件に当てはまれば、夫は「配偶者控除」または「配偶者特別控除」を受けることができます。 ※夫の合計所得が1000万円(おおむね年収1230万円程度)を超えている場合は、控除を受けられません。

 収入にかかわらず、正社員と比べて1日または1週間の勤務時間と1カ月の勤務時間の両方が3/4以上となった場合、勤務先の健康保険、厚生年金の加入者となります。勤務先の社会保険に加入できると、将来の受け取り年金額が増えたり、加入者本人しか適用されない傷病手当金、出産手当金の給付の受け取りが可能になるなどのメリットもあります。