「○○無添加」「○○不使用」をうたう食品が増えていますが、
そもそも食品添加物とはどんなものなのでしょう。

豆腐を作るのに必要な「にがり(塩化マグネシウム)」、炭酸飲料の「炭酸ガス」、中華めんにコシを与える「かんすい」、「うま味調味料」などは、どれも食品添加物です。

食品添加物は、私たちの食生活を豊かにするために使われています。

国は、食品添加物について、科学的な評価により、「人の健康を損なうおそれがない」場合に限って、成分の規格、食品ごとの使用基準を決め、その上で使用を認めています。

具体的には、市内で製造された食品はもちろんのこと、輸入食品を含む市内で流通する食品についても、市内のスーパーや食品工場などで抜き取り、検査をしています。

また、国では、食品添加物を人々が実際にどの程度摂取しているか、調査を行い、安全性に問題がないことを確認しています。

私たちが口にしている加工食品は、こうして安全が守られています。  

食品表示欄
使用された食品添加物は、食品表示欄に表示されています。実際に見てみましょう。


※表示ラベルはイメージ