ハチの巣作りは4〜6月に始まり、夏から秋にかけて、大きさはピークに。それに伴い、攻撃性も高まります。中でも攻撃的なのがスズメバチ。見かけたら要注意!

ちなみに、ハチの巣の利用は1年限り。冬にはいなくなり、翌年、ハチが再びその巣を使うことはありません。

スズメバチ

巣は球状で、楕円形のしま模様あり(コガタスズメバチの初期の巣についてはとっくりを逆さにした形)
巣の出入り口の穴は1つだけ

アシナガバチ

飛ぶときに長い足をだらりと下げている
巣はお椀を逆さにしたような形

ハチは、天候の影響を受けにくい場所や狭い場所、近くでエサを捕獲できる場所を選びます。天井裏・軒先・樹木・壁や塀・壁の隙間・車庫・物置などが多いようです。
ハチは、黒色のものに対して攻撃的です。他に、ヘアスプレー、香水・化粧品などのにおい、大声や物音にも反応します。

近付いて来たら、姿勢を低くして静かにその場を離れましょう。手で払ったり、急に走って逃げようとすると、敵だと思って攻撃してきます。
水で洗い流す
氷(冷水)で冷やす
ステロイド軟こうや抗ヒスタミン軟こうを塗る


体質によりますが、毒に含まれる成分によるアレルギー反応(アナフィキラシー・ショック)を起こした場合は、早急に医療機関で受診してください。
巣には「近寄らない」「刺激しない」が鉄則です。
福岡市役所では、個人所有の敷地内のハチの巣の駆除は行っていません。駆除が必要な場合は、土地や建物の所有者・管理者の責任で行ってください。電話帳等で、「消毒業・ハチ駆除」の業者を探してみましょう。

おまけ
〜ミツバチの分封〜

4月〜5月頃、新しい女王蜂が誕生すると、巣分かれ(分封)を行います。この時、一時的に塊となって樹木や外壁などにとまりますが、攻撃性は低く、数日のうちに移動します。近寄ったり突いたりせず、見守ってください。