狂犬病を防ぐためにできること
 狂犬病は、すべてのほ乳類に感染するウイルス性の疾患です。日本では約50年間、狂犬病は発生していませんが、世界中で毎年多くの人が亡くなっているこわい病気です。
アレルギー表示を改善
手洗い
 狂犬病にかかった犬は治療方法がなく、ほぼ100%が死亡。狂犬病の犬にかまれて人が発症した場合も、ほぼ100%が死亡します。あのエボラ出血熱よりもさらに致死率が高いのです。
ただし、狂犬病の犬にかまれた人が、直後からワクチンを連続接種すれば、発症を抑えられます。
分かりやすい表示ラベル
手洗い

 もし狂犬病が日本に侵入しても、犬が予防注射を受けていれば、病気のまん延や、人への感染を防ぐことができます。

分かりやすい表示ラベル
福岡市に登録されている犬の約半数が予防注射を受けていない状態です。

 登録は犬の戸籍で、狂犬病の予防にも役立てられます。登録と狂犬病の予防注射は、下記のほか、福岡市獣医師会の動物病院でできます。
※登録は西区を除く各区保健福祉センターでも可能。詳細は下記ホームページで確認を
■あにまるぽーと
 TEL 092-691-0131
■ふくおかどうぶつ相談室
 TEL 092-891-1231
http://wannyan.city.fukuoka.lg.jp/
手洗い
 
 人への狂犬病の感染源となる動物のほとんどが犬。海外はもちろん国内でも、むやみに野犬に近づかないことが大切です。
※福岡市内で野犬を見かけた時は、あにまるぽーと(上記)へ連絡を
合言葉は…
 狂犬病予防注射は、飼い主の義務です。「狂犬病予防注射済票」と犬の登録時に交付される「鑑札」を、犬の首輪などに装着しておきましょう。