食品表示が分かりやすくなりました
 食品衛生法・JAS法・健康増進法でそれぞれにルールが決められていたため、複雑で分かりにくい面があった食品表示。そこで、2015年4月から、3つの法律の食品表示についての規定を統合した食品表示法がスタートしました。
アレルギー表示を改善
手洗い
 名称からアレルゲン(食物アレルギーの原因となる物質)を含むことが予測できる食品(マヨネーズ、生クリームなど)は、従来はアレルゲンの表示が省略できました。今回の見直しにより、省略をせず、より分かりやすく表示されます。
分かりやすい表示ラベル
新しい食品表示の例
栄養成分表が義務化
 加工食品には、栄養成分の表示が義務化されました。原則として、「熱量、たんぱく質、脂質、炭水化物、食塩相当量」の5つの成分が表示されます。
栄養成分表の例
合言葉は…
 新しい表示作成のための準備期間として、生鮮食品は平成28年9月末日まで、加工食品は平成32年3月末日まで、今までのルールでの表示が認められています。