夏が肝心! ダニ対策
 蒸し暑い梅雨から夏場にかけては、特にダニが増えやすい時期。ダニの死がいやふんを吸い込むことで、ぜんそくや皮膚炎などのアレルギー性疾患を発症することがあります。
ダニが好む環境は?
ヒョウヒダニ
  • 高温多湿
    温度25〜30℃
    湿度60%以上
    ※現代の住まいは気密性が高いため、
    夏以外でもダニが発生することもあります
  • エサがある
    人や動物のアカやフケ、
    食べ物のカスやカビなど
  • 潜り込めるようなすみかがある
    畳、じゅうたん、枕、布団、 ぬいぐるみなど
ダニ対策のポイント
  • 換気
    窓を開けたり、エアコンや除湿機を活用したりして、湿度を下げます。押し入れやクローゼットは開けて、中まで通気します。
  • 洗濯
    シーツや枕カバー、ぬいぐるみなど、洗えるものは洗濯します。
  • 掃除
    布張りのソファーや畳、じゅうたん(裏表)など、洗えないものには、こまめに掃除機をかけます(1㎡あたり20秒以上を目安)。
ダニが増えやすい布団はどうしたらいいの?
  • 両面を天日干しなどでこまめに乾燥させます。
  • ダニの死がいやふんが飛び散るので、布団を
    たたくのはやめます。
  • 干した後は、掃除機でダニの死がいなどを吸い取ります。
    ※押し入れに入れっぱなしだった布団は、
    使用前に
    天日干しし、掃除機をかけましょう
 種類によっては、人を刺すダニもいます。二の腕など皮膚の柔らかい部分を刺されることが多く、刺されると赤くなり、かゆみを伴います。
 症状がひどい場合は、病院へ行きましょう。