> > レシピいろいろ > DAILY COOKING > 広沢さんのレシピ(広沢京子) > ゴーダチーズと白菜のサラダ
ゴーダチーズと
白菜のサラダ
◆材料(2人分)
ゴーダチーズ…30g
白菜(葉の部分のみ)…1/8個
塩…2つまみ
ゆずの絞り汁…小さじ1
ゆずの皮…少々
粗びき黒こしょう…少々
◆作り方
1.白菜は、葉の部分を食べやすい大きさに手でちぎり、塩をふり軽く合わせる。この時、もみすぎな いように注意。
2.ゆずの絞り汁、ゴーダチーズを薄く削って1に加え、混ぜ合わせる。
3.器に盛り、ゆずの皮の千切り、最後に黒こしょうをふって完成。
久留米市にある「森光牧場」のゴーダチーズの評判を知ったのは昨年のこと。とある生産者を通じて、紹介されたのがきっかけでした。
「おいしいと聞いたからには、食べてみなくちゃと早速買いに走りました。やさしくて、クセがないチーズだなというのが第一印象。これならそのまま食べてもいいし、料理にも使えるしと、何を作ろうかとわくわくしたのを思い出します」(広沢さん)
聞けば、このチーズ。水とエサ、環境にこだわって育てられた同牧場のジャージー牛乳と塩が主原料。不要なものが入っていない分、原料の旨味が濃縮されたチーズなのです。3~4カ月の熟成期間を経て完成するゴーダチーズ。販売は久留米市内にある2店舗のみ。
「パンやクラッカーに乗せて、軽く焼くだけでもおいしいですし、パスタやグラタンとの相性もばっちりです」と広沢さん。 
今回紹介する「ゴーダチーズと白菜のサラダ」は、お正月にごちそうばかりで胃もたれ気味…そんな人にもうれしい一品。今が旬の白菜と柚子を、ゴーダチーズに合わせれば、あら簡単! さっぱり味のサラダの完成です。
「生の白菜のシャキシャキ感がクセになる、この冬イチ押しのサラダです」
1975年10月31日生まれ。著書に「ごまごま。はちみつ。」(講談社)、「持ちよりごはん」(主婦の友社)、「家だからいっぱい野菜」(幻冬舍)、「こうかん、ぶつぶつ」(mille books)など。http://www.cookluck.com