> > 一汁三菜 > 食でストレスに強くなろう!
食でストレスに強くなろう!
ストレス予防には規則正しい食生活はもちろん、ストレスに強い心身をつくるための食品を積極的にとることも大切です。ビタミンCは心身を安定させストレスに対する免疫力を高めます。豆腐、割り干し大根に多く含まれるカルシウムはイライラ感や不眠などの興奮を抑える働きがあります。
ストレスを感じた時に消費される、たんぱく質やビタミンC、ビタミンB群などを含む食品をとることも効果的。スポーツや趣味で気分転換するなど、心に余裕を持つことも大事ですよ。

鮭のもろみチーズ焼き

材料(2人分)
銀鮭切り身(70g)2枚、塩少々、こしょう少々 A=もろみ大さじ1と1/2強(26g)、砂糖大さじ1/2、みりん大さじ1/3、ミックスチーズ30g 付け合わせ(キャベツ、ニンジン、トマトなど適量)
作り方
鮭(サケ)に塩、こしょうをして、180℃のオーブンで10分ほど焼く
Aを合わせてに塗り、チーズをのせて、さらに3~4分焼く(グリルやフライパンで焼いてもOK) ※たんぱく質、ビタミンB群、両方を含む食品には、鮭、カツオ、マグロ、大豆製品などがあります ※ビタミンCは野菜や果物に多く含まれます ※エネルギーはご飯の量でコントロールします。麦ごはん茶碗1杯(170g=280kcal)を標準としています

中華スープ(豆腐)

鶏がらスープを作り、豆腐を入れ、しょうゆで味を調え、戻したワカメを入れる

■取材協力
中村学園大学名誉教授・城田知子先生
中村学園事業部管理栄養士・松永美歩さん
中村学園の学生食堂「食育館」のレシピ本「しっかり食べよう『一汁三菜』」 が好評発売中

割り干し大根と角天の炒り煮

材料(2人分)
割り干し大根14g、ニンジン適量、角天16g(小1/3枚)、サラダ油適量、インゲン適量、 だし汁100cc、砂糖大さじ1/2、しょうゆ小さじ1
作り方
割り干し大根は水で戻す
角天は5㎝の長さにスライスし、ニンジンは大き目のせん切りにする
を油で炒めを加え、だし汁、調味料を入れ煮込む
ゆでたインゲンを散らす

小松菜とえのきの和え物

材料(2人分)
小松菜80g(2~3株)、えのき適量、ニンジン少々、A=砂糖小さじ2/3、しょうゆ小さじ1
作り方
小松菜はざく切り、ニンジンはせん切りにする。えのきは石づきをとり、半分に切る
小松菜、えのき、ニンジンをゆで、冷水で冷ます
の水気をしぼりAであえる
■取材協力
中村学園大学名誉教授・城田知子先生
中村学園事業部管理栄養士・松永美歩さん
中村学園の学生食堂「食育館」のレシピ本「しっかり食べよう『一汁三菜』」 が好評発売中