> > クッキングパパレシピ > とまらない! 「ビーフアヒージョ」

食の街・博多を舞台にした漫画「クッキングパパ」30周年を記念して、ゆかりのお店に、お気に入りのレシピや思い出を紹介してもらいます。

「バル難破船」のシェフが再現

とまらない! 「ビーフアヒージョ」

ビーフアヒージョ

材料

●牛肉ステーキ………適量
●ニンニク……………適量
●オリーブオイル……適量
●エリンギ……………適量
●トウガラシ…………適量
●塩、コショウ………適量
●フランスパン………適量
※今回は牛肉150g、ニンニク5~6片、エリンギ2個程度、トウガラシ2本使用(シェフ:中村さん)

第117巻1130話掲載レシピ

作り方

  • ニンニクは1片を3~4つに切り、エリンギはひと口大に切り、トウガラシは種を取り輪切りにしておく
  • 牛肉はひと口大に切り、多めに塩・コショウしておく
  • 耐熱皿を弱火にかけ、大さじ2のオリーブオイルでニンニク・トウガラシを炒め、香りが出たらOK
  • オリーブオイル大さじ5を足し、牛肉・エリンギを入れ、転がしながらごく弱火で煮る
  • 火が通りかけたところでできあがり!
牛肉をひと口大に切る

人気メニューがさらに人気に

 「バル難破船」のアヒージョにヒントを得て作った「ビーフアヒージョ」を再現してもらいました。同巻に登場する「激辛チョリソ」は、バル難波船の人気メニュー。掲載後、さらに注文する人が増えました。店内の細部まで描かれていてうれしかったです。常連さんに「見たよ」と声をかけられました(原田さん)。

 調理のポイントは、香りが出るので、ニンニクはつぶしてから切ること。フライパンでもできます(中村さん)。

第117巻1130話 ©うえやまとち/講談社

代表・岩坂和憲さん(右上)から時計回りに、紙面に登場した原田祥子さん、シェフ・小野航さん、中村啓ーさん

本格的なスペイン料理が楽しめる。中でもアヒージョが人気。ワインは約40種も揃う。

〔スペイン料理とワインのお店バル難破船〕
福岡市中央区今泉2-3-10
18:00~24:00、日曜定休 
TEL 092-713-6886

クッキングパパとは?

仕事も家事も完璧にこなす主人公・荒岩一味(かずみ)が作り出す温かい料理で、家族の食卓にはいつも笑顔があふれています。週刊「モーニング」(講談社)連載中。作者のうえやまとちさんは福津市在住。「クッキングパパ133巻」発売中。

●『クッキングパパ』30周年記念 うえやまとち先生サイン会
MARUZEN 博多店(JR博多シティ8F)で8月30日(日)に開催!
8月24日発売の「クッキングパパ」133巻を買うと、整理券がもらえます。
詳しくはこちら▼
http://www.livingfk.com/event/archives/2391
リビング福岡2015年8月29日号掲載