> > クッキングパパレシピ > ボリューム&愛情たっぷり!! カツそば

食の街・博多を舞台にした漫画「クッキングパパ」30周年を記念して、ゆかりのお店に、お気に入りのレシピや思い出を紹介してもらいます。

「信州そば むらた」店主が再現

ボリューム&愛情たっぷり!! カツそば

カツそば

材料

・そば……………………………人数分
・トンカツ用豚ロース
(脂身の少ないものがよい)…1人1枚
・だしコンブ・カツオ節………適量
・卵・長ネギ……………………適量
・小麦粉・パン粉・サラダ油…適量
・塩・しょうゆ・酒・砂糖……適量

※今回は1人分でだし約360cc、うすくちしょうゆ大さじ2弱、さとう少々を目安に味つけ(村田さん)
第36巻354話
掲載レシピ

作り方

  • コンブ・カツオ節でだしをとる。沸騰してしばらくしたらコンブ・カツオ節を取り出し、しょうゆ・酒で味付けし、つゆを作る(すまし汁よりやや濃いめ)
  • そばを所定のゆで時間でゆで上げ、湯を切っておく
  • 豚肉は筋を切って、余計な脂身をとり、たたいて薄くのばす。軽く塩をふって衣をまぶし、カラッと揚げる(肉にコショウをしないのがポイント)
  • 丼にそばを入れ、トンカツとネギをのせ、熱いめんつゆを注いで、できあがり。好みで七味やのりなどをのせて
    ※ネギを塩少々で炒めトンカツをのせ、しょうゆ・砂糖・だしを加え、卵でとじたものをのせれば、カツとじそばに

そばは、たっぷりの湯でゆでます

メニューに加えてもいいくらい!

 うえやまさんとは雑誌の対談で初めてお会いしました。掲載された時は嬉しかったですね。県外の友人からも連絡があり、漫画を見て来られたお客さまも。作品内で描かれたように外国の方も増え、英語と韓国語のメニューを置いています。

 「カツそば」はそばとカツの相性がよく、メニューに加えてもいいくらい。残ったカツを温めて使ってもいいし、冷たいそばでぶっかけにしても。カツの油をしっかり切るのがポイントです。

第88巻850話 ⓒうえやまとち/講談社

村田隆久さん

毎朝手打ちするそばは、十割・田舎・二八の3種類。櫛田神社にほど近く、お酒とおつまみ、甘味なども楽しめます。

 

〔信州そば むらた〕
福岡市博多区冷泉町2-9-1
11:30~20:30OS、第2日曜休み
TEL092-291-0894

クッキングパパとは?

仕事も家事も完璧にこなす主人公・荒岩一味(かずみ)が作り出す温かい料理で、家族の食卓にはいつも笑顔があふれています。週刊「モーニング」(講談社)連載中。作者のうえやまとちさんは福津市在住。4/23「クッキングパパ ダイジェスト」発売。
リビング福岡2015年4月25日号掲載