> > レシピいろいろ > わたしの簡単レシピ > フルーツのクリーム和え

八幡西区・久野さん家の「フルーツのクリーム和え」


※盛り付け例
 (4人分)
[A](牛乳400cc、卵黄4個分、砂糖50~100g、コンスターチ大さじ1)
● ミカンの缶詰1缶
● パイン1缶
● バナナ3本
● レモン汁1/2個分

(1)[A]をボウルに入れ、泡立器でよく混ぜ合わせる
(2)(1)を鍋に入れて弱火にかけ、焦げないように木べらで15~20分しっかり混ぜてカスタードクリームを作る。クリームの粗熱がとれたら容器に移して冷蔵庫で冷やす
(3)缶詰はザルにあげて水分をきり、適当な大きさに切る。バナナは輪切りにして、レモン汁をかけておく
(4)(2)と(3)を混ぜ合わせる

「(2)でしっかり混ぜるのがポイント。果物は好きなものでOK。バナナはクリームとよく合うのでお薦めです」(久野さん)

カルシウムの吸収率が良い牛乳をたっぷり使ったデザートです。たくさんのフルーツを取ることができ、子どもにも喜ばれますね。残りの卵白でメレンゲを作り、ミントとともにトッピングすると華やかになりますよ(管理栄養士で「食のなんでも相談 Officeヤマシタ」主宰の山下正子さん)