> > レシピいろいろ > わたしの簡単レシピ > トリ薬味煮

八幡西区・山上さん家の「トリ薬味煮」


※盛り付け例
 (4人分)
●鶏もも肉300g
●大根・ニンジン・ピーマン各適量
[A](しょうゆ・砂糖各大さじ5、酒・ゴマ油各大さじ2)
[B](白ネギ1本、ニンニク・ショウガ各1片)
[C](固形スープ1個、水1カップ)

(1)ビニール袋またはボウルに[A]とみじん切りにした[B]を入れ、そこに一口大に切った鶏もも肉を前もって20~30分漬けておく
(2)大根・ニンジンは一口大の乱切りにする
(3)油(分量外)をひいた中華鍋またはフライパンに(2)をいれ、焦げ目がつくまで炒める
(4)(3)に[C]と鶏もも肉を漬け汁ごと入れ、汁がなくなるまでふたをして約30分煮る。汁がなくなってきたら縦に細切りにしたピーマンを入れ、さっと絡め合わせる

「焦げ目がつくまで炒めるのがポイント。大根の代わりに里芋を入れてもOKです」(山上さん)

鶏肉独特の匂いをとる香辛料を上手に利用しましたね。“先が見通せる”と縁起がよいレンコンの乱切りを加えてみては。レンコンに含まれるビタミンCはでんぷん質で守られているので加熱に強いのが特徴です(管理栄養士で「食のなんでも相談 Officeヤマシタ」主宰の山下正子さん)