> > レシピいろいろ > わたしの簡単レシピ > カキのショウガ風味スープ

小倉南区・岩満さん家の「カキのショウガ風味スープ」

  (4人分)
●生ガキ240g
[A] (酒・しょうゆ各小さじ1)
●片栗粉大さじ3
● ショウガ2片
● ニンニク3片
[B] (水4カップ、中華スープの素大さじ2、酒大さじ1、しょうゆ大さじ3、砂糖小さじ1/3、コショウ少々)、
● 白ネギ40g、
● 玉ネギ・白菜80g、
● キクラゲ・干しシイタケ(いずれも水で戻す)・塩・サラダ油・ごま油各適量

(1)生ガキは塩をふって水で洗い、水気をふき取って[A]で下味を付け、片栗粉をまぶす
(2)ショウガとニンニクは千切り、残りの食材は1cm幅の短冊切りにする
(3)鍋でサラダ油、ショウガ、ニンニク、白ネギ→残りの食材の順で炒め、[B]を入れる
(4)(3)が沸騰したら火を止めて(1)を1個ずつ加える。あくを取り、ごま油で仕上げる

「寒い冬にお薦めの一品。ユズの皮を刻んで加えると、香りが増しておいしいですよ」(岩満さん)

山芋
今が旬のカキと体を温めるショウガの組み合わせで、冬にはぴったりのスープですね。滋養食品として知られる山芋の短冊切りを加えてみてください。胃腸の弱い人にもお薦めです(管理栄養士で「食のなんでも相談 Officeヤマシタ」主宰の山下正子さん)